2020年03月22日

引退ドキュメント-13

40年前の3月22日(土)、この日は東京、八王子市民会館で「山口百恵オン・ステージ」。

この日発売の週刊明星4月6日号には『独占第2弾!! 三浦友和 山口百恵極秘取材メモ一挙公開!!』と題し、前号の百恵の独占手記掲載に続いて記者たちによる百恵、友和のそれまでの取材裏証言が掲載された。

pic-weekmyoujyo800406.jpg

記事から一部だけ紹介する。

A 本誌前号に載った百恵の直筆手記は、まさに決定版。婚約発表で言い足りなかったことを全部ぶちまけてるね。
C 3月7日に発表して、百恵は8,9日と四国公演があった。ところが大阪から徳島へ向かった飛行機がエンジントラブルを起こし、鳴門公演は緊急中止。それでも9日に松山で会った百恵は明るさいっぱいで、ホテルから東京の友和に電話を入れてた。
B 「風邪ひくから裸で寝ちゃだめよ」なんて。聞いてるほうはたまんない(笑)。

C 四国から帰京した10日の深夜、百恵が本誌編集部へ来てあの手記を一気に書いた。エンピツ握って3時間ぶっ通し、コーヒーにも口をつけず思いのたけを書きまくったんだ。
D あれでスカッとしたのよ。「おつかれさま」って帰りがけに四国のおみやげを置いていったもん。うれしそうだった。
A 古い話だが、百恵がデビューした頃、横須賀の市営住宅へ行ったんだ。そしたら妹と寝る二段ベッドの横の壁に西城秀樹の特大ポスターが貼ってあってね。「私、大ファンなのよ。“スタ誕”に応募したのも、歌手になればヒデキさんに会えると思ったから」って。

A 4年前の『横須賀ストーリー』から百恵の曲を作ってきた宇崎竜童は、「前から恋人は友和と感じてたよ。名前を口に出さなくても“私の好きな人”とか“私の彼”とか、いちいちニクタラシイんだ。相当入れ込んでたな」と言ってる。
B ニッポン放送で竜童とDJ番組をやり出してからの百恵は「あたたかい家庭を作りたい」としきりに言ってた。
C 発表前夜の3月6日、番組が終わってから百恵が「宇崎さん、これからお仕事あるんですか?」って訴えるような目で聞いた。あいにく仕事があって宇崎は別れたが、翌日ドーンとやっちゃった(婚約発表)ろ。
B 怒ったね、「このー!おれにひと言も話さずに婚約発表するのはけしからん」って言ったら百恵は「昨日、お食事でもしながら話したかったんです」って。

A 3日から一波乱あったのよ。NTV『紅白歌のベストテン』で、百恵の緊急発言があるって新聞のテレビ欄に出た。その前の週に友和が買ったマンションが発覚しちゃって百恵に何か言わせようとしたんだ。
B 「私がどうして言わなきゃならないの」って。楽屋で百恵とマネージャーが大もめ。ホリプロ小田制作部長がNTVに抗議したり、波乱のウィークがはじまった。

A 婚約発表は7日の午後4時だったが、その知らせが解禁されたのは当日の2時半だ。会場をおさえたのも当日でマスコミはまったく気づかなかった。
C それからが大へん。東京プリンスで発表だというんで、「車より地下鉄のほうが早いぞ」と、うちも都営6号線に乗り込んだ。芝公園駅から雨の中をホテルまでまっしぐら。


A 宇崎はこう言ってる。「百恵の引退までにレコードを何枚出せるかわからないが、おれは最後まで見届けてオトシマエをつける。百恵がハッピーになったら、もう曲は書けないから」って。
 これから引退記念映画やステージ、レコード、本なんか出るだろうが、一部には無責任な“密約説”も流れてる。百恵が2年後にカムバックして、ホリプロの傍系事務所を持つと言うんだ。

B だいぶうがった見方ではあるね・・・。


タグ:週刊明星
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(2) | 引退ドキュメント

2020年03月21日

引退ドキュメント-12 引退カウント・ダウンに向けての新曲発売

40年前の3月20日(木)
この日、本来ならば新番組「桂三枝の爆笑美女対談」(フジテレビ系 22:00〜)
の第一回ゲストとして放送される予定だったが、
百恵が婚約会見をした事で事前の収録と内容が異なり放送されなくなってしまった。
後に百恵引退後特番で一部が放送されたが、フルVTRは未だにお蔵入りとなっている。

3月21日(金)
新曲 シングル「謝肉祭」発売。
sg-syanikusai.gif
婚約、引退発表に続いてリリースされた作品なのでファンにとっては引退へのカウント・ダウンがこの曲から始まった。
「しなやかに歌って」「愛染橋」と続いた後の久々の情熱的な作品に、ファンの心も躍る。
またこの曲のイメージに合わせた髪型、衣装がそれまでのイメージより斬新で、百恵自身の引退への気持ちの張りが表れていたように思え、ファンも一層気持ちが引き締まった感じがあった。

この日は日本テレビ系で夜2本のテレビに出演している。
夜19:00からは「歌まね振りまね 新・スターに挑戦!!」(日本テレビ系)『山口百恵特集』。
倉田まり子、原あつこ、ロコの三人が一般出場者と共に百恵の歌まねで競う。
百恵は2月19日収録分のため新曲は歌わず「愛染橋」を歌唱。
イメージ907.jpg

イメージ908.jpg

夜22:00からは生放送「金曜娯楽館」(日本テレビ系)。
番組ホストの山城新伍とホステス芳村真理と共に引退についてじっくり語り、
イメージ911.jpg
日本テレビに残る、7年前の百恵が「ジャンバラヤ」を歌う貴重なVTRを放送。
イメージ925.jpg

また前回放送され反響が大きかったという、百恵の七変化によるドナ・サマーの「HOT SUMMER NIGHTS」の歌唱VTRを再び放送。
pic-tv-kinyougoraku800321.jpg

この七変化で見せた一部の衣装は次の新曲「ロックンロール・ウィドウ」とアルバム「メビウス・ゲーム」で撮影に使われている。

また発売日に歌唱する新曲「謝肉祭」では入念なカメラリハーサルが行われていたことを思わせる、カメラワークも完璧、歌う百恵もテンションの上がった歌唱が披露された。
pic-tv-kinyogorakukan800321-2.jpg

音声のみだが、引退についての山城新伍と芳村真理との談話が貴重。



更にこの日はラジオ放送レギュラーの
「山口百恵と宇崎竜童の トヨタ・ローリングタウンNo.1」(ニッポン放送 20:00〜)も放送。
前回も引退会見前の収録分だったが今回も残念ながら会見前の収録のようで、引退等については触れられていない。


ラジオにはもう一本
FM 東京「歌謡バラエティー」にも『スター招待席』コーナーに出演。
と盛りだくさんの新曲発売日だった。


posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント

2020年03月19日

引退ドキュメント-11

40年前の3月18日(火)
事前スケジュールでは、「歌謡ヒット宣言」(テレビ朝日)。

3月19日(水)
「水曜スペシャル-決定!'80ミス・ユニバース日本代表」(テレビ朝日 19:30〜20:51)出演。

この日発売の「週刊平凡 3月27日号」には『山口百恵 結婚引退に群がる金儲け大興行スケジュール』
という記事が掲載されている。

pic-weekheibon800327.jpg
記事の一部を紹介する。

映画、レコード、興行の三本柱だけで“さよならイベント”の収入は四十億円を軽く上回ると見られている。
CBSソニー側も「うちの歌謡曲の売り上げの二十パーセントを占めている歌手ですから痛手です。」
ホリプロの守屋邦彦氏(取締役宣伝部長)は、四月中旬までに“さよならイベント”の青写真を完成させると意気ごんでいる。いま検討中の企画は、
「@六大都市または八大都市を中心に全国縦断さよならコンサート
A三月二十一日発売の『謝肉祭』以後、レコードの企画は白紙状態なので記念盤を制作
Bさよならステージショー
C最後の映画超大作
Dその他、スケジュールを調整しながら、できるかぎりのファンサービスをする」とか。

「百恵の引退はホリプロには大打撃ですよ。年間四十億の売り上げのうち、十四億円が百恵なんだから。
―中略―さよならイベントのあとは火が消えたようになるでしょう」(芸能記者)

しかし、守屋邦彦はその数字を否定する。
「うちでは一人のタレントが全収益の二十五パーセントをオーバーしないように心掛けているんです。松下電器だって電子レンジばかり総売り上げの五十パーセントもあってごらんなさい。頭打ちになったときどうしますか。ま、百恵が二十五パーセントを支えてきたことは事実ですが・・・」

「知っていたのは(百恵の結婚、引退)堀社長と小田制作部長だけでした。私が知ったのは、彼女が仲人を決め、挙式会場も決まって社長から発表のゴーサインが出た三月六日のことです。」(守屋邦彦氏)



結婚、引退発表以降この時期はこういったそれまでの百恵の金銭的な業績、引退興行への試算や、
引退発表までの裏話などが推測も含めて週刊誌を賑わせている。
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント