2020年03月19日

引退ドキュメント-11

40年前の3月18日(火)
事前スケジュールでは、「歌謡ヒット宣言」(テレビ朝日)。

3月19日(水)
「水曜スペシャル-決定!'80ミス・ユニバース日本代表」(テレビ朝日 19:30〜20:51)出演。

この日発売の「週刊平凡 3月27日号」には『山口百恵 結婚引退に群がる金儲け大興行スケジュール』
という記事が掲載されている。

pic-weekheibon800327.jpg
記事の一部を紹介する。

映画、レコード、興行の三本柱だけで“さよならイベント”の収入は四十億円を軽く上回ると見られている。
CBSソニー側も「うちの歌謡曲の売り上げの二十パーセントを占めている歌手ですから痛手です。」
ホリプロの守屋邦彦氏(取締役宣伝部長)は、四月中旬までに“さよならイベント”の青写真を完成させると意気ごんでいる。いま検討中の企画は、
「@六大都市または八大都市を中心に全国縦断さよならコンサート
A三月二十一日発売の『謝肉祭』以後、レコードの企画は白紙状態なので記念盤を制作
Bさよならステージショー
C最後の映画超大作
Dその他、スケジュールを調整しながら、できるかぎりのファンサービスをする」とか。

「百恵の引退はホリプロには大打撃ですよ。年間四十億の売り上げのうち、十四億円が百恵なんだから。
―中略―さよならイベントのあとは火が消えたようになるでしょう」(芸能記者)

しかし、守屋邦彦はその数字を否定する。
「うちでは一人のタレントが全収益の二十五パーセントをオーバーしないように心掛けているんです。松下電器だって電子レンジばかり総売り上げの五十パーセントもあってごらんなさい。頭打ちになったときどうしますか。ま、百恵が二十五パーセントを支えてきたことは事実ですが・・・」

「知っていたのは(百恵の結婚、引退)堀社長と小田制作部長だけでした。私が知ったのは、彼女が仲人を決め、挙式会場も決まって社長から発表のゴーサインが出た三月六日のことです。」(守屋邦彦氏)



結婚、引退発表以降この時期はこういったそれまでの百恵の金銭的な業績、引退興行への試算や、
引退発表までの裏話などが推測も含めて週刊誌を賑わせている。
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント