2020年03月23日

引退ドキュメント-14 「ささやかな欲望」にやっぱり・・と確信した日。

40年目の3月23日(日)
この日は栃木県、上三川町体育館で「山口百恵オン・ステージ」。

テレビ/ラジオ「NHKのど自慢 -チャンピオン大会-」(NHK/NHK第一 0:15〜 3月16日NHKホール収録分)
山口百恵、小林幸子、千昌夫、金田たつえ、渥美二郎、牧村三枝子、小野由紀子ほか

イメージ953.jpg 

イメージ956.jpg

イメージ960.jpg

イメージ961.jpg

テレビ「ヤンヤン歌うスタジオ」(東京12チャンネル 19:00〜)
山口百恵、野口五郎、榊原郁恵、レイジー、川崎麻世、渋谷哲平、ツイスト、大橋恵理子

ラジオ「明星ヤング・ソング・スペシャル」(文化放送)ゲスト出演。
パーソナリティは、ばんばひろふみ。
引退発表直後という事で引退について、デビューの頃のエピソード、
自分の曲について、映画について、とさまざまな自分を語った。
引退発表以来それまでの道を初めて振り返るさまざまな話に、当時聴いていた自分も感慨深かった。
特に『「ささやかな欲望」という曲を歌った時に、歌ってこういうものなのかな、と片鱗が見えてきた。』と語ったのが印象深く、「ささやかな欲望」で『百恵ちゃんって(歌が)すごい!』と思ってファンになった自分にとってはこの時以来ずっとこの言葉が心に残っている。

posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント