2020年04月03日

引退ドキュメント-20 続・百恵列車が走る!

40年前の4月1日(火)
FM 東京「FM10年・ステレオ回線開通記念特別番組
「ハロー!FMシティ〜ミュージック・コミュニケーション4・1」
0:00〜『PART3 歌謡ネットワーク第1 部・歌謡ワイド&ライブ・スペシャル』出演
愛染橋(スタジオ収録)
14:00〜『第2部 この10年、日本4人の作曲家▽宇崎竜童編』出演
横須賀ストーリー

4月2日(水)
レコーディング。

4月3日(木)
この日のスポーツ紙には百恵の記事が2つ。

まずは「百恵最後のドラマ?」の見出しで
フジの「学園危機一髪」ドラマ出演決定の一報が掲載された。

日刊スポーツ
pic-nsporta800403-3.jpg

pic-nsporta800403-4.jpg


もう一つは同紙で3月29日に第一報が掲載された、
国鉄初の歌手とのコラボ列車「百恵列車」の詳細記事。


日刊スポーツ
pic-nsports800403.jpg

pic-nsports800403-2.jpg

-抜粋-
 五月十一日札幌・厚生年金会館で百恵ちゃんがコンサートを開くのを機会に、臨時列車を小樽―札幌(小樽発午前十時四分)、岩見沢―札幌(岩見沢発午前九時五十五分)の二本を仕立てる。
 国鉄はコンサートの昼の部の定員二千三百人を引き受け「山口百恵リサイタル観覧団体」と名付けて、ただ今会員募集中。しかも募集範囲は小樽築港、江別、石狩当別、恵庭以遠と運賃の安い札幌近郊は外されるというチャッカリぶり。
-中略-
 ところで、道内の国鉄でこのような臨時列車を出すのは初めてのこと。それだけに絶対成功させようと参加者には百恵弁当やポスター、記念しおりをプレゼントするほか「いい日旅立ち」のレコード、サイン色紙の抽選会などのサービスをする張りきりようだ。
 「これだけではそれほどの増収にはならないが、お客様とのつながりを大切にしたいと考え企画しました」と私鉄局旅客課では意図を説明する。


当時は道民の新聞「北海道新聞」でも報じられ、「すごいなぁ」と思っていたが、何せ中学生。
この百恵列車に乗ろう!なんて企画は自らは立てられず。。
このリサイタルはもちろん行ったのだが。。
あの時せめて高校生だったら乗れていたかもしれない。
ポスターやしおりはどんなものだったのか、そして「百恵弁当」!
食べてみたかった。。







タグ:リサイタル
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(2) | 引退ドキュメント