2020年04月17日

引退ドキュメント-27 西城秀樹の私設ファン・クラブ

40年前の4月17日(木)

-追記-

この日発売された「女性セブン 5月1日号」にこんな記事が。
イメージ1085.jpg

『西城秀樹に、淳子、宏美そして真子のファン・クラブ”!?』


 “ファン・クラブ”とはいっても、これはそこにもあるここにもあるといったものとは、少々違うらしいのだ。
 まず事務所がない。
 そして“会員”も、現在確認できているのは、桜田淳子、岩崎宏美、石野真子、そして山口百恵の4人だけ。つまり、この当代一流の女性歌手たち4人が、同じ職場の西城秀樹を、かなりまじめに応援しているという話なのだ。
 芸能人が芸能人を応援?
 そんな質問に、あるテレビ局のプロデューサー氏がこう答えてくれた。
「この4人が、スタジオなどで見る西城秀樹に“男らしさ”を感じていることはたしかでしょうね。それが、彼の歌を応援させることにつながっているわけですよ」
 具体的にはどういうことなのか。
「まず、彼のショーを真剣に見にいってますね。それぞれ彼のステージに力のはいった拍手をおくってました。そして彼がうたいながら客席を指さしたりすると、彼女たちもニコッとしたりしてましたねえ。」
 山口百恵の場合は、昨年の大賞レースのとき、ほんとうに“大賞をとるべき人は西城秀樹さんだと思う”とまわりの人間によくいっていました。まあ、彼女が、それだけ思い入れの強かった芸能界の人間は、三浦友和を除いて他にいなかったんじゃないかなあ。石野真子は、芸能界の先輩として彼を慕っているというところでしょう。あと、このふたりの場合は、一般のファン同士も交流があって、お互いのステージを応援しあっていますね」
 まったくうらやましいかぎりだが、芸能レポーターの梨本勝さんも、やはり同じ意見のようだ。
「ぼくも彼女たちが西城秀樹を応援しているという話は聞いたことがありますね。やはり誰の話でも気軽に聞いてあげるという性格のためでしょう。また、女の子たちの、おおらかで素直な心もすばらしい。こういうエピソードこそ大切にしたいですね。」


事実百恵はデビュー前からファンだったことを公言していたし、この年の春の西城秀樹「日生劇場ロング・リサイタル」にも足を運んで、後にテレビでその感想や、ファンとのつながりのすばらしさ等西城さんへのメッセージを送っている。
「百恵は現役時代西城秀樹のファンクラブにずっと入っていた。」という話をどこかで聞いたことがあったが、この4人による私設ファン・クラブだったのかもしれない。



この日「ザ・ベストテン」(TBS 21:00〜)生出演
『謝肉祭』が6位で初のランクイン。
「ザ・ベストテン」は2週間前のデータが放送されるので、今思うとやはり新曲リリースから番組の登場までは結構時間がかかっている。当時も新曲が出るたびに、早くランクインされるのを待っていた記憶がある。

イメージ1066.jpg

新しいこの曲の衣装の話。

イメージ1070.jpg

婚約、引退発表後初の登場に番組では「百恵ちゃん引退まで、あと・・・・ ●日●時●分●秒」という時計ボードが作られる。この時計に『わぁ、あんな風に出るとなんか寂しいですね』と百恵。黒柳徹子さんは『でも考えようによっては、まだまだ百恵ちゃんが181日と2時間41分47秒もまだテレビに出て下さるのだと思えば?』と言ってくれる。このボードは引退までソファーのセット内にあったような気がする。

イメージ1069.jpg

イントロの久米宏さん。
『これはジプシーをテーマにした曲でございまして、短いお祭りの間に自分の命の火を・・もう 燃やし尽くすという情熱的な内容が大変気に入ってるとおっしゃってる山口百恵さん、今週第6位に初登場です』

イメージ1072.jpg

イメージ1080.jpg

イメージ1073.jpg

イメージ1082.jpg

イメージ1083.jpg

イメージ1074.jpg

イメージ1084.jpg

※4月15日の記事も追記しました
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント