2020年03月13日

引退ドキュメント-7 引退宣言直後から始まった復帰説

40年前の3月13日(木)
この日の地方紙「北海道新聞」夕刊、
「プレイバック百恵」の見出しで百恵の芸能界各社に及ぼす影響が掲載された。
更に百恵の引退後の復帰の噂に関する記事を掲載。
これは引退発表があった翌日の3月8日スポーツニッポンが報道したもので、
浅利慶太氏プロデュースによる「日生劇場ロングリサイタル」で引退の二年後に
復帰する青写真が既に出来ているという報道を、さらに詳細に地方紙までもが掲載した。

その部分を引用すると、
『カムバックがあり得るとすればまず舞台、という観測がある。
再び浮かび上がってくるのが日生劇場公演。
ゼネラル・アーツ制作、彼女が心酔しているという浅利慶太・演出、劇団四季共演説が早くもとび交っている。百恵側の“信頼”に対して、浅利氏も女優としての才能を評価している。
さらにゼネラル・アーツがドル箱・越路吹雪の後ガマを物色中とのうわさは数年前から流れていて、一時“ポスト越路”の本命に百恵が擬せられたこともあった。
もっとも浅利氏自身は「まったくの事実無根」とキッパリ否定。もちろん、仕事のことについて話し合ったこともなく、彼女の相談相手をしたこともないという。
もっとも今度の発表を聞いて、スターの名におぼれない、抜群の感性の持ち主で一生型の女優と思っていたのに、あまりにも若い引退―とは思ったそうだ。

-中略-

浅利氏が逆のいい方をしているのが興味深い。
「彼女は自分がいったんいい出したら、その通りやれるタイプ。
自分の人生の選択をきっぱり決めた以上、その気持ちは変わることがないだろう」。』

百恵の復帰説は引退まで、そして引退後もCM出演や紅白出演等々延々と憶測報道されてきたが、
引退発表直後のこの「日生劇場ロングリサイタル」が具体的な最初の復帰説報道のようだ。

山口百恵の「日生劇場ロングリサイタル」。引退までにこそ実現して欲しかった。

プレイバック百恵 北海道新聞80・3・13_20200315_0001.jpg
北海道新聞 80年3月13日夕刊

pic-spnp800308.jpg
スポーツニッポン 80年3月8日

このスケジュールは「カックラキン大放送!!」(日本テレビ)の収録があった。
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: