2020年05月08日

引退ドキュメント-40「古都」制作発表記者会見

40年前の5月8日(木)
前日の映画「古都」制作発表記者会見の記事がスポーツ紙、前日に続いてTVでも朝のワイドショー「ルックルックこんにちは『山口百恵お別れ映画決定!』」(日本テレビ 8:30〜)などで報道される。

スポーツ・ニッポン

イメージ1158.jpg

百恵の引退映画「古都」 共演者“白紙”の発表

 なぜか友和抜きの百恵の引退映画―七日、東京・日比谷の東京会館で発表された注目の作品は「古都」(監督市川 崑)に決定したが、肝心の婚約者三浦友和の共演については“未定”の発表。集まった約百人の報道陣をあ然とさせれば、友和側の事務所は「なんと水くさい」と苦々しい表情。二人のプライベートの仲はともかく、企業がからむといろいろと問題もあるようで・・・。

不満顔の友和サイド

 過去十一シリーズ、黄金コンビを組んできた友和についてこの日、ホリ企画笹井社長は「共演者は今後の交渉で、白紙」と説明。さらに「三浦君はプロダクションも違うし、共演者はこれから決める」と、新人起用のニュアンスも。
 当の百恵は「映画という形で共演できなくても・・・・・・いいです。友和さんには、昨日、会見の話をしたら“あ、そう”といっていました」というのだが、この日の会話でした」というのだが、この日の会見で「初めて作品が“古都”に決定したと知った」という友和の事務所テアル・ドゥ・ポッシュの川口義宏代表は「ホリプロさんには前々から、いくらでも協力すると伝えてあったのに。ファンから”なぜ、友和は百恵に協力しないんだ”といった電話のお叱りを受けて困ってます。共演者を他の人にするなら別ですが、発表の席では、はっきり“共演は友和”といって欲しかった」と不満顔。
 当の友和は、この日TBSのドラマの打合わせのあと「結婚発表(三月七日)の時も、彼女の最後の映画にはぜひ友情出演したいと言ったし、今も同じ気持ち。出演交渉がくれば協力させて欲しい」と複雑な表情をみせた。
 一方、市川監督も、席上「やっぱり三浦君が出た方がいいんじゃないですか?」とこれまた微妙な発言。
-中略-
 二人のコンビ作品は、東宝のドル箱として君臨して来た。今回の作品も、関係者は、とどのつまり、友和共演が正式に決まる以前に、発表をしてしまった裏には、看板スターの引退ということでホリプロ・サイドが先走りしてしまった!?とみられなくもない。
 華やかに有終の美を飾って銀幕を去る百恵はいいが、友和は今後、自立して、いばらの道を歩まねばならない。プライベートな二人の仲はともかくも、企業がらみとなってくると“百・友コンビ”も、最後の最後でピンチをむかえたということか?

イメージ1159.jpg



前日の同じスポーツ・ニッポンでは友和氏サイドが出たがっていないと報道しておきながら、翌日には180度異なる報道になっているが(汗)、ホリプロがこの段階で共演者をまだ決定していなかったのは事実のように思える。

TV「ザ・ベストテン」(TBS 21:00〜)生出演。
『謝肉祭』が初の1位。アン・ルイスの結婚披露宴に出席後、そのままの格好で出演。
この日スタジオにはここまで西城秀樹と石野真子のみ。

イメージ1167.jpg

イメージ1168.jpg

イメージ1169.jpg

イメージ1170.jpg

イメージ1172.jpg

「まずはアンたちに幸せになって欲しいです」とコメント。
また、この日のベストテンは第119回で百恵の「ザ・ベストテン」のベストテンランク・インが100回目。この日まで19回しかランキングから外れなかった。
100回目を記念して初出演の「赤い絆」〜前作「愛染橋」までVTRで振り返る。

イメージ1160.jpg

イメージ1162.jpg

イメージ1165.jpg

更に100回分の記念撮影をアルバムにしたものをプレゼントされる。
 
イメージ1173.jpg

イメージ1176.jpg

イメージ1179.jpg

イメージ1178.jpg

イメージ1181.jpg

イメージ1182.jpg

イメージ1183.jpg



タグ:古都 謝肉祭
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: