2020年05月12日

引退ドキュメント-42 最後の独身旅、ヨーロッパ。

40年前の5月12日(月)
テレビ朝日の引退特番収録の為にヨーロッパへ渡航。
札幌から帰京したばかりの強行スケジュール。
アムステルダム、ミラノ、パリと旅をする。
週刊明星の記事では成田空港で、「CMのお仕事で、友和さんもヨーロッパへ来るといっていました。スケジュールの調整がついて、パリででも会えるとうれしいんですけど」と言葉を残して出発。
13日(火)アムステルダム、15日(木)ミラノ、17日パリと廻り21日(水)に帰京した。

その渡航中、14日発売の「週刊平凡」5月22日号には映画『古都』に何故友和氏の出演が発表されないのか?の記事が「引退映画をめぐって重大なトラブル」と題して掲載。
「引退ドキュメント-40」に掲載したスポーツ・ニッポンの記事とほぼ同内容だが、最後にはこう記してある。

イメージ1190.jpg
じつは『ホリプロ』は、『古都』で新人を百恵の相手役に起用し、“山口百恵の最後の恋人”として大々的に売り出す作戦になっているという噂だ。


またこの記事には『古都』に決定するまでのいきさつもルポされている。
イメージ1191.jpg

引退映画の企画制作が具体的にスタートしたのは、3月の婚約発表の直後。まず、彼女の所属する『ホリプロ』の基本姿勢として「百恵の引退を飾るにふさわしい作品を、腰をすえてじっくり作りたい」という考えがあった。
 が、百恵は、ここ4年ほど毎年、三浦友和とともに東宝のお盆映画に主演してきた。そのいずれもが興行的に大ヒット。まさにドル箱的存在で、東宝もふたりのお盆映画はかかすわけにいかない。ことしのラインナップにも、当然、百恵・友和共演作が予定されていた。しかし、それを引退映画にするにはあまりに時間がなく、『ホリプロ』の基本姿勢に反する。かといって、お盆映画と引退映画の2本を撮るのは、日程的に無理。
 その決定をめぐって、『ホリプロ』と東宝との間で何回も交渉が繰り返された。そして4月末、東宝・松岡功社長の断で、秋の引退映画1本にしぼることが決まったのだ。
 企画でも関係者は苦労した。山本周五郎原作の『五瓣の椿』など数本の候補作について綿密な打ち合わせがつづいた。百恵の「私らしいものがやりたい」という希望と「『伊豆の踊子』でスタートした百恵だから、同じ川端作品で有終の美を飾らせたい」という『ホリプロ』堀威夫社長の構想を煮詰め、けっきょく、川端康成原作の『古都』に白羽の矢が立てられた。同時に、演出は市川崑監督に決定した。

-中略-

昭和38年に、松竹で映画化されたことがある。
 この松竹の『古都』では、中村登監督の抒情味あふれる演出と流麗なラストシーンが評判になったが、岩下志麻は当時を振り返って、「まったく環境の違った姉妹を演じるので、その使い分けに苦労しました。それに私、東京生まれなので京都弁をマスターするのがたいへんでしたね。
 川端文学はちょっと理解しにくい不思議な世界をあつかっているので、原作をなんべんも読み返すことがたいせつだと思います。
 百恵ちゃんもぜひがんばってほしいですね」という。
 百恵は「岩下さんの『古都』は拝見してないので、かえってやりやすい部分があるんじゃないかと思います。前作を意識せず、私は私なりの『古都』をやってみるつもりです」とッキッパリ。


当初はお正月映画ではなく秋の公開予定で話が進められていたようだが、結局お正月映画で落ちついた。
タグ:古都
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: