2020年05月18日

引退ドキュメント-44 百恵「私の一番好きな作品『伊豆の踊子』」

40年前の5月18日(日)
ラジオレギュラー「−SONY NIGHT SQUARE− 山口百恵 夢のあとさき」(ニッポン放送 22:00〜)
第7回。前半の「THE STORY」は『伊豆の踊子』。
初めての主演映画出演とカメラ恐怖症になった話。


posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント

2020年05月15日

引退ドキュメント-43

40年前の5月15日(木)
TV「ザ・ベストテン」(TBS 21:00〜)生放送、VTR出演。
先週に引き続き「謝肉祭」が第一位。

イメージ1193.jpg

この日のベストテンでは12日成田空港からアムステルダムへ出発する百恵のインタビューが流れる。
インタビューアーは当時TBS社員アナウンサーだった三雲孝江さん。
三雲さんは「3時にあいましょう」で百恵ちゃんに何度かインタビューなどしているが、百恵ちゃんに好感度をもっていらっしゃるのが当時から感じられる方だった。

前日の札幌のコンサートで生の百恵ちゃんに会った自分にとっては、翌日の百恵ちゃんのプライベートな姿が妙に嬉しかった。
たぶんこの12日の朝札幌から東京へ帰り、夜成田へのスケジュールだったのだろう。。

イメージ1194.jpg

イメージ1195.jpg


三雲「あのどちらの方へ行かれるんですか?」
百恵「今日はあの、アムステルダムなんです、これから・・。アムステルダムとミラノとパリと、三ヵ所〜」
三雲「ちょっと疲れてますか?大丈夫ですか・・・?」
百恵「今日はもう・・今日になって支度したんですよね、だからちょっといろいろ忙しかったんですけど(笑)」

イメージ1196.jpg

三雲「あの〜先週は第一位だったんですですが」
百恵「おかげさまで」
三雲「今週の予想としては、百恵さん何位あたりでしょう?」
百恵「ん〜エヘヘヘヘ・・一位・・・まぁ一週じゃ寂しいから・・出来れば今週もと思うんですが、どうかな、ダメかもしれない」

イメージ1198.jpg

三雲「あの〜海外に行くとね、ジンクスで、とく落ちちゃうって言われますんですが」
百恵「あ、そうですね・・はい」
三雲「そのへんいかがですか?」
百恵「ええ、非常に、気にはなるんですけども(笑)」
三雲「そのへん、ファンの方にちょっと呼びかけていただけます?」
百恵「そうですね、はい。あの『ザ・ベストテン』のジンクスで海外へ行くと必ずランクが落ちる、というねジンクスがあると聞きまして、何度か経験してるんですが、今回ばっかりはあの〜なんとか持続してみたいなと思いますので是非よろしくお願いいたします。」
三雲「目標何週間くらい?」
百恵「そうですね・・・やっぱり〜そうだな・・・あんまり贅沢言いませんけど、五週くらい」
三雲「あっ・・」
百恵「ええ、気持ちとしては・・是非」
三雲「じゃあ体に気をつけて、いってらっしゃい」

という、なんともランキングについての話のみの「サ・・ベストテン」らしいインタビュー。
事前収録のVTRで「謝肉祭」が流れるが、セットなし、ライティングに少し工夫がある程度だがその分カメラがドアップ、唇アップと工夫を見せこれがまた良い。
また百恵の歌唱はセットが無くても充分魅力的なのがよくわかる回だった。

イメージ1202.jpg

イメージ1204.jpg

イメージ1205.jpg

イメージ1207.jpg

イメージ1209.jpg

イメージ1211.jpg

イメージ1212.jpg
タグ:謝肉祭
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント

2020年05月12日

引退ドキュメント-42 最後の独身旅、ヨーロッパ。

40年前の5月12日(月)
テレビ朝日の引退特番収録の為にヨーロッパへ渡航。
札幌から帰京したばかりの強行スケジュール。
アムステルダム、ミラノ、パリと旅をする。
週刊明星の記事では成田空港で、「CMのお仕事で、友和さんもヨーロッパへ来るといっていました。スケジュールの調整がついて、パリででも会えるとうれしいんですけど」と言葉を残して出発。
13日(火)アムステルダム、15日(木)ミラノ、17日パリと廻り21日(水)に帰京した。

その渡航中、14日発売の「週刊平凡」5月22日号には映画『古都』に何故友和氏の出演が発表されないのか?の記事が「引退映画をめぐって重大なトラブル」と題して掲載。
「引退ドキュメント-40」に掲載したスポーツ・ニッポンの記事とほぼ同内容だが、最後にはこう記してある。

イメージ1190.jpg
じつは『ホリプロ』は、『古都』で新人を百恵の相手役に起用し、“山口百恵の最後の恋人”として大々的に売り出す作戦になっているという噂だ。


またこの記事には『古都』に決定するまでのいきさつもルポされている。
イメージ1191.jpg

引退映画の企画制作が具体的にスタートしたのは、3月の婚約発表の直後。まず、彼女の所属する『ホリプロ』の基本姿勢として「百恵の引退を飾るにふさわしい作品を、腰をすえてじっくり作りたい」という考えがあった。
 が、百恵は、ここ4年ほど毎年、三浦友和とともに東宝のお盆映画に主演してきた。そのいずれもが興行的に大ヒット。まさにドル箱的存在で、東宝もふたりのお盆映画はかかすわけにいかない。ことしのラインナップにも、当然、百恵・友和共演作が予定されていた。しかし、それを引退映画にするにはあまりに時間がなく、『ホリプロ』の基本姿勢に反する。かといって、お盆映画と引退映画の2本を撮るのは、日程的に無理。
 その決定をめぐって、『ホリプロ』と東宝との間で何回も交渉が繰り返された。そして4月末、東宝・松岡功社長の断で、秋の引退映画1本にしぼることが決まったのだ。
 企画でも関係者は苦労した。山本周五郎原作の『五瓣の椿』など数本の候補作について綿密な打ち合わせがつづいた。百恵の「私らしいものがやりたい」という希望と「『伊豆の踊子』でスタートした百恵だから、同じ川端作品で有終の美を飾らせたい」という『ホリプロ』堀威夫社長の構想を煮詰め、けっきょく、川端康成原作の『古都』に白羽の矢が立てられた。同時に、演出は市川崑監督に決定した。

-中略-

昭和38年に、松竹で映画化されたことがある。
 この松竹の『古都』では、中村登監督の抒情味あふれる演出と流麗なラストシーンが評判になったが、岩下志麻は当時を振り返って、「まったく環境の違った姉妹を演じるので、その使い分けに苦労しました。それに私、東京生まれなので京都弁をマスターするのがたいへんでしたね。
 川端文学はちょっと理解しにくい不思議な世界をあつかっているので、原作をなんべんも読み返すことがたいせつだと思います。
 百恵ちゃんもぜひがんばってほしいですね」という。
 百恵は「岩下さんの『古都』は拝見してないので、かえってやりやすい部分があるんじゃないかと思います。前作を意識せず、私は私なりの『古都』をやってみるつもりです」とッキッパリ。


当初はお正月映画ではなく秋の公開予定で話が進められていたようだが、結局お正月映画で落ちついた。
タグ:古都
posted by kayochronicle at 23:00| Comment(0) | 引退ドキュメント